「未分類」の記事一覧

月経困難症治療に超低用量ピルのヤーズを服用しています。

産婦人科で月経困難症と診断され、超低用量ピルの「ヤーズ」を服用しています。

ヤーズの服用を始めるまでと服用を始めてからの経緯は次のようなものです。

20代のころから軽い生理痛はあったのですが、30代に入ってから段々とひどくなりました。

特に生理が始まる直前の数十分間は立っていられないほどの痛みに襲われていました。

さらに困ったのが、経血量の増加です。

1時間に1回は生理用ナプキンを取り換える必要があるくらいに経血量が増えた時期がありました。

これらのことが重なって、産婦人科で診察を受けてみることにしました。

診察はすぐに済みました。

月経困難症だろうということで、バイエル薬品という会社が出している超低用量ピルの「ヤーズ」を服用することを提案されました。

超低用量というのは、ピルに含まれている女性ホルモンの量が従来のものよりも少ないという意味だそうです。

ヤーズを服用することで排卵がおこらなくなり、子宮の負担を軽減できるという説明を受けました。

妊娠・出産の経験がない女性の場合、思春期から30代まで毎月1回排卵していることになり、子宮に大きな負担がかかっており、それが原因で月経困難になることがあるそうです。

ヤーズには、副作用もあると説明されました。

吐き気や頭痛、血栓症などです。

このうち、血栓症は脳梗塞などにつながることもあるので、ひどい頭痛などには注意するように言われました。

特に服用し始めの時期に血栓症のリスクが高くなるそうです。

副作用のことは正直ちょっと怖かったのですが、病院の看護師さんがカウンセリングルームのようなところで時間をとって丁寧に薬の効果と副作用について説明してくれたので、納得して服用を決めることができました。

超低用量ピルのヤーズを服用してからは、生理自体がとても軽くなり、生理痛はなくなりました。

心配していた副作用も今のところありません。

それと、生理の日がいつになるのか事前に正確に把握できるようになり、仕事や生活の上で助かっています。

薬代と数か月後ごとの診察費用として、月2000円ほどかかってしまいますが、得られる効果は大きいのでこれからも服用を続けたいと思います。

(富山県富山市 ハンドルネーム:室堂さん)




低用量ピルで顎や口の周りのニキビの改善のため服用しました。

低用量ピルは避妊や生理不順、生理痛の緩和を目的として飲むことが主だとは思います。

しかし、私はその副作用?的な副産物のニキビの改善を目的にピルを服用していました。

ピルを服用するきっかけは頑固な顎のニキビに悩まされて行った皮膚科での紹介でした。

私は二十歳を超えたころから顎や口まわりにニキビができだしました。

それは小さなものから大きなものまで様々で、ときには真っ赤に腫れ、一センチくらいの大きさに膨らも程のひどいものもできるようになりました。

そのニキビは決まって生理の二週間前ほどに出来、生理が過ぎると自然に治って行きました。

しかも、大体同じところに出来、その間は顔がほてって脂っぽくなりました。

そのことを皮膚科の先生に相談したところ、ホルモンバランスの乱れが原因だと教えてくれました。

ニキビ用の塗り薬などではなくて、ピルを服用することで改善するかもしれないといわれ、早速、婦人科に相談に行きました。

婦人科の先生に相談したところ、ニキビの改善目的でピルを服用する人も時々いると言っていました。

私は特に疑いもなくニキビが治るならと服用しようと思いましたが当時付き合っていた彼氏が、そんなもの飲んだら将来妊娠しにくくなるのではないかと反対してきました。

そこで不安になり先生に確認したところ、ピルの服用はそういった心配はなく安全なものであると説明してくれました。

彼氏はあまり納得していませんでしたが、とりあえず三カ月、ピルを飲んでみることにしました。

私はマーべロンというピルを処方してもらいました。

錠剤自体は極小さくて飲みやすかったのですが、なんせ毎日決まった時間に飲むということが忘れっぽい私には大変でした。

毎日のむことがめんどくさく、大変でしたが二、三ヶ月目ぐらい経った時に大きく膨らんだニキビができないことに気付きました。

そして脂っぽかった肌もどことなくさらっとしてきました。

ピルのニキビ改善効果は抜群で調子が良かったのですが、これをずっと続けるのかと思うと気が重く、いつの間にかやめてしまいました。

でも、ピルのニキビ改善効果は抜群だったので、勝負の時はまた、ピルを服用したいなと思います。

もし、この記事を読んでいる方の中で、ニキビに悩まれている方がいたら、婦人科の先生に相談してみるのもいいかと思います。

(静岡県  猫うさぎさん)




避妊薬も海外からの通販が断然お得です。

20代前半の頃から避妊用にピルを服用してきました。

数か月分まとめて病院で処方してもらい、シートがなくなるたびにまた通院していたのですが、あるとき通販でも購入できることを知り恐る恐る購入してみました。

海外からの発送ということもあり、質にも取引にも不安があったのですが、迅速な対応で何の問題もありませんでした。

最初から何の診断も受けずにいきなり通販で購入、服用するのは危険だと思いますが、お医者さんからの診断を受け、継続してピルを服用してきた人でしたら途中で通販に切り替えても特に問題はないのかなと思います。

むしろ今までなんで律儀に病院で処方してもらっていたのだろう、と損した気持ちになってしまいました(笑)

30代になった今はピルを卒業して、通販では今度は排卵検査薬や妊娠検査薬を購入するようになりましたが、こちらも海外製ですが薬局などで購入するより桁違いに安くて助かります。

中でも排卵検査薬は薬局で購入するときもなぜか薬剤師さんに相談しなきゃいけないようなので…。

今はネットで海外製品を取り寄せるのも簡単で、非常に便利だなぁとありがたく思います。

ピルを長く服用していたので(ましてや途中からは通販で購入したものを服用していたので)、いざ妊娠したい、というときにほのかな心配も無いわけではなかったのですが、無事に妊娠もできてほっとしています。

私は避妊目的でしたが、生理不順や子宮などの疾患のために排卵抑制をする目的で服用される方はそれこそ長い期間ピルとお付き合いすることになるのだと思いますし、通販を利用しない手はないと思います。

(神奈川県 ななさん)




ピルで生理痛から解放され快適な生活を送れました

今は飲んでいませんが、過去に3年ほど低用量ピルを服用していた経験があります。

服用し始めたきっかけは、排卵期になるとおりものにどうしても経血っぽいものが混じるようになり、何かの病気かと思って思い切って婦人科を受診したことでした。

その時に先生から低用量ビルの服用を勧められました。

その当時の私の知識といえば、「避妊が出来る」という程度でしたが、排卵期のおりものに経血が混じることもなくなるといわれたので、試しに飲んでみようかな程度の軽い気持ちで飲み始めました。

けれども、ネットで調べてみると副作用が起こる場合があるとあったので、怖いなと思いましたが、私は副作用が起こらず何も変わらずでした。

ただ飲み始めて真っ先に感じたのが、毎月とにかく痛くて痛くてしょうがなかった生理痛からの解放でした。

それまでは生理が始まると夏場でもホッカイロが手放せなかったのが、ホッカイロが必要なくなり快適になりました。

そして経血量も減って、生理期間も短くなったおかげでナプキンでかぶれることもなくなりました。

なにより生理がいつから始まるか予定がつくので、旅行の予定が組みやすかったというのが、私にとっては大きなメリットでした。

また機会があれば、低用量ピルのお世話になりたいと思っています。

(青森県 こまこさん)




低用量ピルは避妊とPMSの症状緩和のために

低用量ピルは、20代の頃から使っています。

実は避妊の目的にて使うことも多いのですが、産婦人科にて低用量ピルを処方してもらうための名目としては、PMSの症状緩和ですね。

私は確かにPMSの症状がきついので、なんかしらの薬は必要なのです。

酷いときで、生理前の高温期は37度以上の熱が出てしまいますから。

明らかに風邪ではありませんし、身体の火照りが風邪のときとは違いますから、自分でもしっかりとわかります。

しかし産婦人科医の先生によると、「37度5分ぐらいまで上がる人もいるんだよー」ということで。

この身体の火照りをとるためにも、低用量ピルを服用しています。

風邪の熱もきついのですけれど、風邪でもないのに身体が暑いのもしんどいのです。

そしてまた低用量ピルは、漢方薬よりも効き目が早いので、アラサーに入ってからは低用量ピルに切り替えました。

以前は漢方薬を処方してもらっていたのですが、苦くて飲むのが辛い上に、毎日飲むのがしんどくなってやめました。

そして、低用量ピルを処方してもらうようになったのですが、生理前には使うのですが、一応毎日飲む分は処方されているものの、それほどまでにはPMSの緩和のためには使うことはなく、どちらかと言えば避妊のためにも使っている現状です。

(東京都 うずら皮むきさん)




望まない妊娠をし、中絶、ピルを服用するようになりました。

私が初めてピルの服用をしたのが22才の頃でした。

お恥ずかしい話ですが望まない妊娠をし、その後中絶……その時のお医者さんが勧めてきたので、私ももう2度とこのようなことが起こらないようにと始めました。

服用は簡単、毎日同じ時間にピルを1粒飲むだけ。

ピルを忘れたら思い出した時すぐに飲むように言われました。

ピルを飲み始めて3日目……私はひどい頭痛、吐き気が止まらず、風邪をひいたのかと思っておりました。

しかし、ピルを服用して1週間たっても治らず、友達に言うと、「ピルの副作用じゃない?」と言われ、病院を受診しました。

するとやはりピルの副作用だったようで、私はこのままじゃ生活するのに支障が出ると伝えました。

実はピルを処方してもらう際に、ピルにも色々な種類があることを説明されていました。

保険適用のピル、適用外のピル、など様々で、私は一番安いピルを服用していたのですがそのピル副作用が出やすいらしいのです。

当時1ヶ月分で2000円くらいでした。

なのでもうワンランク上の1ヶ月分で3500円の方に次の月から切りかえることにしました。

出費は痛いですがピルの副作用にはかなわないので……泣

最初に処方されたピルは普通の錠剤というか、白いよく見る薬ってかんじでした。

高い方はピンク色でなんだか可愛いケースまでついていました(笑)そして粒が小さい。

そちらに切り替えてからは副作用は全くなくなりました。

当時付き合っていた彼氏にはピルの服用は伝えませんでした。

調子に乗られたら嫌だったので(笑)

ピルはきちんと服用してさえいれば、コンドームよりはるかに避妊効果があるそうです。

妊娠するのは女性なので、自分自身を守るためにピルはとても良い避妊方法だと思います。

あと私の場合ですがピルの効果で生理痛がかなり軽くなりました!

生理がいつ来るかもはっきりわかるので助かります!

月々この値段で安心を買えるなら、ピルは素晴らしい薬だと思います。

(青森県、ゆーちゃんさん)




生理不順の悩みがマーベロン28でうそのように解消しました。

生理不順解消のために、低用量ピルを服用しています。

飲んでいる薬はマーベロン28です。

10代の頃からひどい生理不順、生理痛でかなり悩んでいました。

ひどい時には半年以上生理が来なかったこともあります。

このままでは、不妊体質になってしまうと不安になったので、20代前半の頃からピルを服用することにしました。

薬の価格は1か月で2500円ほど、半年に一回は血液検査をするので、ピルを服用する費用は月に3000円ほどだと思います。

ピルを飲み始めてから、これまでの生理不順が嘘だったかのように、きちんと生理がくるようになりました。

薬の周期でしっかり生理がくるので、いつくるのか分からずに不安になることもなくなりました。

また、ピルを飲むと生理前の肌荒れが少なくなります。

これまでは生理1週間前から生理中はニキビができたり、肌がかぶれたりすることが多かったのですが、ピルを飲み始めてからそのような症状が治まっています。

ピルを飲むと太る、という話がありますが、私の場合は極端に太ることはありませんでした。

ピルは女性ホルモンのお薬なので、むくみやすくはなりますが、ピルのせいで脂肪がつくということはありません。

むしろ、女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、生理前の暴飲暴食やイライラから過食するのを防いでくれます。

生理痛に関しても、ピルの効果は絶大です。

これまで、生理のたびに気絶するほどの痛みに悩まされていたのですが、ピルを飲み始めてからは生理痛が全くなくなりました。

ピルなしでは生活できないほど、私の生活に役立っています。

(神奈川県、あいさん)




妊娠のトラブルを防ぐために海外からピルを購入しています。

じぶんは現在28歳の男性会社員をおこなっております。

これは3年前の話となります。

自分は現在では既婚者であり、これはその妻との話となります。

じぶんは現在の妻とは会社の先輩が開催をしてくれた合コンで知り合うことができました。

それで彼女のすばらしい人格に自分は惚れてしまい、自分から交際を申し込んだのです。

それで彼女も快諾を行ってくれて、交際をして一週間ほどで自分たちはむすばれることになりました。

それでトラブルが発生をしたのです。

それは彼女と事を終えるとコンドームのゴムが破れておりました。

彼女もそのときは相当ショックを受けていたようです。

自分の周りでできちゃった結婚をした人はあまりいい噂などをきくことはありませんでした。

そのときは何とか妊娠をすることはありませんでしたが、それ以降はそういったトラブルを防ぐために自分たちはネットでピルを購入することにしたのです。

自分が世間知らずの人間のせいか、自分の精子を殺す薬があるということ自体が知りませんでした。

最近ではネットなどでも格安でピルが手に入るようになっているようです。

それで正式に彼女と結婚をするまではそのピルを必ず彼女に服用してもらうようにしたのです。

自分もゴムをつけて、二段構えで妊娠を防ぐことにしました。

それいこうはゴムが破けてしまうといったトラブルなどもありませんでしたが、一安心をして、彼女と性生活を送ることができたので、ほんとうにこのピルというのは便利だと思いました。

(大阪府 くろっちさん)




骨盤ストレッチとホッカイロで生理痛を楽にする

生理が来るたびに生理痛に悩まされている女性は多いのではないでしょうか?痛みが酷いと、生理予定日辺りには予定を入れられないばかりか、仕事や学校を休む羽目になったりしますよね。

私もどうしようもないときには薬を飲んでいましたが、毎回薬に頼るのもちょっと不安だし、予定変更も困る・・・・何か薬以外に生理痛が緩和される方法はないものかと思い、いろいろ試行錯誤した結果、効果があったものをご紹介します。

まずは身体、特に腰を冷やさないようにしましょう。

これは普段から注意しておいた方がよいのですが、生理痛が辛いときにはホッカイロを下腹部か腰に貼っておくと、それだけでかなり痛みが緩和されます。

特に冷え性の方にはおすすめです。

私は本当にひどい生理痛の時には下腹部と腰の両方に貼っていました。

夏場の生理中には暑くて辛い!と思われるかもしれませんが、夏でも冷房や冷たい飲み物などで身体は意外に冷えています。

ミニサイズのホッカイロをハンドタオルなどで包んでからお腹や腰に当てると、暑すぎずじんわりと温まるのでお勧めです。

次に、ヨガやストレッチで骨盤がスムーズに動くようにしましょう。

骨盤は一日の間でも開いたり閉じたりしますし、生理周期に合わせても開閉します。

通常骨盤は生理前から開き始め、生理二日目に最も開き、生理が終わると再び閉じ始めますが、この開閉がスムーズにできないと生理痛がひどくなる原因となります。

なのでヨガやストレッチで骨盤がよく動くようにしましょう。

私は、寝る前に骨盤が開くストレッチを、起床時には閉じるストレッチをしています。

また、骨盤は緊張しているときや何かに集中しているときに閉じ気味になり、リラックスしているときに開き気味になるので、生理が近づいて来たら意識してリラックスタイムを持つこともおすすめです。

女性はほぼ毎月、何十年も付き合っていかなければいけない生理。

少しでも快適に生理期間を過ごせると良いですね。

(神奈川県 二児のママさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ