「オーソM2」の記事一覧

オーソm21を通販で購入したい方におすすめの通販サイト

オーソm21は三相性の低用量ピルです。

オーソは市販されていません。そして通常通販では購入することはできません。

通販で購入できるのはファミリーファーマシーグローバルという国内の医薬品を個人輸入(逆輸入)してくれるサイトです。

商品名: オーソM-21錠 21錠×1シート
販売価格:3,290円(送料込)
発送元:シンガポール1
製造元:ヤンセンファーマ 株式会社
販売元:持田製薬 株式会社

>>オーソm21が購入できる通販サイトはこちら




低用量ピル(マーべロン28やオーソM)で生理が軽くなりました。

私が低用量ピルを使っていたのは、30代前半のことです。

昔から生理痛とPMSがひどく、生理の10日くらい前からだるさ、いらいらがあり、生理開始から3日目くらいまで消炎鎮痛剤を飲まなくては動けないほどの腹痛がありました。

結局、月の半分くらいは生理関係に悩まされていることに気づき、病院に行ってピルを処方してもらいました。

最初に処方してもらったのは、マーべロン28です。

「最初の1か月くらいは気持ち悪くなったりしますが、じきにおさまります」とのことでしたので、半年くらいは医師と相談してがんばりましたが、どうにも気分が悪かったので、薬を変えてもらいました。

次は、オーソMを処方してもらいました。

オーソMも半年弱続けましたが、やはり気分が悪くなってしまい、結局そこでピルは止めてもらいました。

ピルを飲んでいる間良かったことは、生理そのものが軽くなったことです。

ほとんど3日くらいで終わってしまいました。これまでは5日~7日あったので、楽になりました。

それから、不順だった生理周期がきちんと一定になりました。

これまでは1週間くらいずれてしまうことも多かったので、その点はすごく助かりました。

しかし、結局、気分が悪くなってしまい、生理痛を取るか、それとも気分の悪さを取るかという感じになってしまったので、金銭的な負担も考えて、ピルを服用するのをやめることになりました。

(東京都 まあるさん)




初めての低用量ピル(オーソM21)は生理痛の緩和のために

わたしが低用量ピルを使ってみたい、と思ったのは毎月の生理痛が辛く、憂鬱だったからです。

そのうえ、排卵痛までありました。

一ヶ月のうち、二度も痛い期間があるのは辛すぎる!

そう思って色々調べた結果、低用量ピルにたどりつきました。

低用量ピルについて色々と情報が載っているホームページを見て、そのページのサーチエンジンでピルを処方してくれる病院を探したのです。

初めて訪れたその病院は、綺麗な内装のレディースクリニックでした。

問診と血圧測定を行い、ピルの種類と飲み方について説明を受けました。

わたしが選んだのはオーソM21という低用量ピルでした。

生理が始まったら毎日決まった時間にオーソオーソM21を1錠飲み、21錠を飲み終わったら休薬期間に入ります。

一週間前後で消退出血と呼ばれる生理のようなものが来ますが、出血が終わっていてもいなくても29日目からまた新しいシートを飲み始めます。

つまり、28日を1周期とする飲み方です。

最初の2~3周期は副作用で少し吐き気のようなものを感じましたが、徐々に慣れていきました。

慣れれば生理周期の予測が簡単ですし、出血も少なく生理痛もありません。

排卵を抑制しているので排卵痛もないのです。

そのため、出血のある期間でもとても快適に過ごすことができるようになりました。

オーソM21じゃ避妊効果だけではなく、女性としてのびのび生活することができるため、オーソM21を使ってよかったなあと思いました。

(埼玉県 さゆきさん)

>>オーソM21の購入はこちら




オーソMでニキビと浮腫みがなくなりました。

私はPMSが酷く、生理1週間前になると小さな出来事でもイライラしたり、悲しくなって泣いてしまいます。

胃のムカつきや便秘、体のだる重さもあって低用量ピルを処方してもらう事になりました。

処方してもらったのはオーソMという名前のピルです。

このオーソMにはNETというホルモンが入っているそうです。

NETは男性ホルモンの作用が低いので、その為情緒を安定させてくれる効果があるのだと医師から聞かされました。
子宮内膜の発育を抑える効果もあるようなので、月経量も減るとの事でした。

低用量といっても体に害はないのか、と最初は不安でした。

でもオーソMを飲んでいると、確かに気持ちが落ち着いていたのです。

今までは生理前は本当に辛くて、人と会うのも嫌でした。

顔もニキビだらけになりますし、おまけに浮腫みも酷かったのです。

月経量も多い方だったので、生理が終るまで気持ちが沈んでいました。

しかしオーソMは、イライラも悲しい気持ちもなくしてくれて、月経量も減るので日常生活を送りやすくなります。

ニキビも出来にくくなり、浮腫みもないのです。

正かピル一つでここまで体調が変わるとは思いませんでした。

生理痛も全然ないですし、痩せたとか太ったという事もありません。

ピルの中には、どうしても不正出血してしまうものもあるようです。

でも私の場合、オーソMを飲んでも不正出血はありませんでした。

PMSを抑えたい、月経量を少なくしたいという女性には、是非オーソMをお勧めします。

医院によっては希望しても処方してもらえない所もあるので要注意です。

(大阪府・ミクさん)




低用量ピルは副作用で飲んだら結構辛かった

今から3年ほど前から、子宮内膜症の治療と以前患った卵巣腫瘍の進行抑える目的として「オーゾ」を服用しています。

担当医からの説明もよく受け、低用量だから、あまり大きな副作用は無いけれど、あくまでも個人差だから、その人によっては様々な副作用が起こりうる場合もある、という事も重々承知の上で服用を開始したのですが、どうやら私は「様々な人」だったらしく、色々な副作用が出てしまいました。

まず一番しんどかったのが「吐き気」で、飲み始めたその日から2~3日は、まるで車に酔ったかのようなムカつきと吐き気が起こり、実際に吐いてしまいました。

次は精神的なダメージとして大きかった「体重増加」で、私は元々かなりの痩せ体質だったのが、みるみる体つきが丸みを帯びてきて(良い言い方をしたら女性らしくなったのですが)昔から大好きでよく着ていて服が着られなくなった時は、ショックで泣いてしまいました。

しかし、私の場合は、本来ならもっと強いホルモン剤で治療をしなくてはならないところを、他の病気の治療の事も考えて、ギリギリのラインで低用量にしているそうなので、我慢するしかないなと今は諦めています。

ただ、悪い事だけではなく、やはり一番助かっているのは「生理が決まった時にしっかり来てくれる」という事です。

今までは、生理も不順で生理痛ものた打ち回るほど酷かったのですが、低用量ピルのおかげで生理痛は幾分マシになり、決まった日に来てくれるので、予定を立てやすくなりました。

低用量ピルは、目的も様々で、副作用も本当に様々ですが、上手に服用できたら女性の救世主になれると思います。

(高知県 chi-koさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ