「ファボワール28」の記事一覧

ファボワール28が通販で購入できます。

低用量ピルファボワールが通販で購入することができます。
購入サイトはファミリーファーマシーグローバルというサイトです。

商品名: ファボワール錠28 28錠
販売価格:3,290円
在庫場所: シンガポール1
製造元: 富士製薬工業 株式会社
販売元: 富士製薬工業 株式会社
ファボワールの特徴:低用量(一相性)ピル
卵胞の発育を抑えて排卵を抑制します。また、子宮内膜の肥厚を抑制することによる着床阻害作用や子宮頸管粘液の性状を変化させることによる精子通過阻害作用によって妊娠を防ぎます。
通常、避妊の目的で用いられます。

>>ファボワールの通販サイトはこちら




ファボワール28を生理と気持ちよく付き合うために服用しています。

私が低用量ピルを服用するきっかけは生理前症候群の一つである下腹部痛がとても酷かったからです。

生理が始まってから記録として付けていた生理日はいつもバラバラで定まりがなく、日数も長かったり短かったりと不安定で量も多い日ばかりで大きめのサイズのナイト用ナプキンでも安心できませんでした。

生理中の下腹部痛や頭痛、食欲減退、軽度のうつ状態などもあり、内科で処方された痛み止めを服用してなんとか痛みを和らげていたのですが、それでも生理が来るたびに不安に駆られていました。

生理前症候群として下腹部痛があったのですが、それが最近になり、とても酷くなりました。

周期的にそろそろだろうと思っていた前日頃、下腹部に走った激痛からすぐに痛み止めを服用したのですがそれから一時間近くもトイレに籠ることになってしまいました。

極度の痛みから貧血気味になり、口の中は乾いて、冷汗は止まらず、一体どうなってしまうのだろうという恐怖は今でも覚えています。

閉経までにはまだ程遠く、これから先もこのようなことがあってはならないと恥ずかしい気持ちを堪えて婦人科を受診しました。

色々と検査をして、医師に低用量ピルを服用したい旨を伝えました。

私が処方してもらった低用量ピルはファボワール28です。

一日一錠、自分で決めた時間に飲むことや飲み忘れはしないようにということなどの説明を受けました。

初めての場合は吐き気やつわりに似た症状が出るとも言われましたが、内科で胃薬を処方してもらっていたので特に気になった症状はありませんし、今現在も飲み続けていますが半年以上は特に困ったことはありません。

診察料と薬代を合わせて三千円ほどです。

ファボワール28を服用し始めてからは酷い生理前症候群はありませんし、生理周期も安定し、量も少なくてすみ、日数も大方決まるようになり、良いことばかりです。

食欲も生理前と後で極端に落ちたりすることはないので内科的な症状も抑えられていると思います。

ただ、一度だけ勘違いから飲み忘れてしまった日があったので、その時は何とかなりましたが、これからはしっかりと確認し、飲み忘れ防止に努めたいと思っています。

(長崎県 スノー・ライトさん)

>>ファボワール28の通販サイトはこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ