「アフターピル」の記事一覧

アフターピルが安い通販サイトを調べてみました。

アフターピルが安い通販サイトを調べてみました。

アフターピルは別名、モーニングアフターピル、モーニングピル、緊急避妊ピル、緊急ピル、事後ピル、緊急避妊薬と言われています。

通販で購入する場合、海外からの発送になるので、注文から到着まで、5日から10日ぐらいかかります。

ファミリーファーマシーグローバルはEMSで注文することができます。がそれでも3日~5日ぐらいかかります。

避妊が失敗してから注文した場合、手遅れになる可能性が大きいので、そんな場合は、病院に行って相談しましょう。

値段が高いものではないので、万が一のために常備薬として持っていてもいいかもしれません。

1、オオサカ堂
・ノルレボジェネリック(マドンナ)

 1シート(2錠)703円(送料込み)
ノルレボジェネリック(マドンナ)の購入はこちら

・ノルレボジェネリック(アイピル) 妊娠検査薬付き

 1シート(2錠) 1,151円 (送料込み)
ノルレボジェネリック(アイピル)の購入はこちら

・ノルレボ

 1シート (2錠)2,162円(送料込み)
ノルレボの購入はこちら





2、ファミリーファーマシーグローバル
・プラノバール(中用量ピル)

 1シート 3,110円(送料込み)
プラノバールの購入はこちら

※プラノバールの飲み方
 避妊に失敗した場合、72時間以内に2錠のんで、更に12時間後に2錠飲んでください。

・ノルレボ

 1シート 15,210円(送料込み)
ノルレボの購入はこちら




アフターピルの個人輸入なら安心できて即日発送が可能なサイトから

女性の望まない妊娠を避けるためには、アフターピルの服用は非常に効果的な方法です。

しかし、基本的にはアフターピルというのは医師に診察をしてもらって処方してもらうものです。

とはいえ婦人科にかかる事のできない理由がある人も決して少なくないでしょう。

また、婦人科の休診日に当たってしまうと服用をなるべく急ぎたいアフターピルの場合には致命的ですね。

その場合は、緊急避妊薬のアフターピルを取り急ぎ個人輸入するという方法があります。

実は、海外からでも個人的な理由でならばアフターピルを個人輸入する事は薬事法でも認められていて、実際に手に入れる事が可能なのです。

その場合ですが、もちろんその服用による結果は本人の自己責任とされます。

しかしそれを分かった上でも診察を受けての処方をしたくない場合には、アフターピルの個人輸入は可能なのです。

アフターピルの個人輸入の方法としては、インターネットを使えばアフターピル、個人輸入と検索するだけで多くの通販サイトが出てくるでしょう。

それをいくつか見て回り、中で人気があって評判のいい個人輸入の代行業者のサイトを選ぶのが良いでしょう。

何故なら騙されて偽物をつかむ事のないようにまずはアフターピルの平均的な値段を知るのです。

そして、万が一の欠陥の場合にも返金など対応しているかも確認しましょう。

そして注文からどの程度で届くのかも大切なポイントです。

アフターピルというのは、即日性が求められるものですからいつまで経っても届かないなんて事は避けなくてはなりません。

値段的には多少は割高だとしても、安全性を確認できる実績のある誠実なサイトで注文するべきなのです。

即日発送してもらえる通販サイトもありますので、サイトの安全性を見極めてから購入に踏み切ることをお勧めします。

性交後72時間以内ですので、インターネットからの方が早く手に入れられる可能性もありますね。

(埼玉県 みさとさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ