「プラノバール」の記事一覧

プラノバールが安く買える通販サイトを調べてみました。

プラノバールはファミリーファーマシーグローバルから通販で購入することができます。

値段は1シート、送料込で3110円で販売しています。

商品名: プラノバール配合錠:21錠×1シート
販売価格:3,110円
送料:無料
発送元:シンガポール
製造元:あすか製薬 株式会社
販売元:武田薬品工業 株式会社

>>プラノバールの購入はこちら

プラノバールジェネリックならもっと安く購入できます

オオサカ堂で海外のプラノバールジェネリックが購入できます。
値段はファミリーファーマシーの3分1以下です。1シート20錠ですが、876円で買えます。
6シートまとめると1シート500円以下で買えます。

商品名:プラノバールジェネリック オブラルG
販売価格:
1箱 876円 ($7.64)
3箱 1,638円 ($14.28)
6箱 2,717円 ($23.68)
送料:無料
製造元:Pfizer Limited

>>格安のプラノバールジェネリックの購入はこちら




海外旅行の日程と生理が重なり、ピルのプラノバールで生理をずらしました。

海外旅行へ行く時に、生理の予定が重なっていれば、生理をずらそうと思いますよね。

軽い気持ちで、婦人科へ行って、「旅行へ行きますから、生理を調節したいのです。」と相談しました。

何時から何時がその時なのか、一応聞かれましたが、簡単にピルを処方してくださいました。

薬(ピル)の名前は、フラバノールです。

プラノバールの値段は1シート1050円でした。

プラノバールという名前は忘れません、絶対に。

それは、軽い気持ちで飲んだのですが、飲むと、プラノバール副作用で気持ち悪くなるのです。

服用を中止するのではなく、直ちに婦人科へ行って相談しました。

服用を中止すると、生理が始まってしまいます。

そうすると、南国ビーチでマリンスポーツに支障がでるのです。

ドクターは頷いて、ナウゼリンという吐き気止めを処方されました。

ナウゼリンも直ちに服用、(だって気持ち悪くてもうかなりしんどかったので)すると、気分はすっきり吐き気は収まりました。

普通の生活ができるようになりました。

私の場合、フラバノールを処方される時には、それからは必ずナウゼリンをもらいます。

忘れたら、もう一度通院しなければならないので面倒なので、薬の名前は忘れません。

妊娠に向けて、黄体ホルモンを整える、と言う時にもピルを飲みました。

この時は、気持ち悪くはならなかったのですが、副作用で太りました。

脂肪が、体に溜まるのです。

食べても居ないのに、脂肪が溜まる気持ち悪さがありました。

吐き気がする方がましです。(ナウゼリンがあれば問題ありませんので。)

ピルは、幾種類もありますが、自分に合う、合わないがあると思いますので、いろんなピルを試すのはいい機会だと思います。

ただ、生理の調節直前になって、ナウゼリンが無く、それば旅先で有れば面倒、と言うより最悪なので、初めての薬には万全の対策をとった方が良いです。

なお、生理をすらすためにピルを処方してもらうのは病気ではないので、自由診断になります。

値段は病院側が勝手に決めていいようです。

ですから、1050円で済む時もあれば、それ以上(3000円とか)かかることもあるようです。

心配なら事前に病院に電話して、ピルの値段を確認してみたらいいかと思います。

(兵庫県 みちさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ