「ヤーズ」の記事一覧

多のう胞性卵巣と生理不順の治療のため、低用量ピルを約7年間服用しています。

多のう胞性卵巣と生理不順の治療のため、医師に勧められて低用量ピルを約7年間服用しています。

当初はトリキュラーを服用していましたが、引っ越しで病院が変わってからヤーズになりました。

(一度、ヤーズからルナベルに薬を変えてみたほうがいいかもしれないとのことで変更したこともありますが、ルナベルはニキビがたくさん出てきてしまい、自分には合いませんでした。)

私の場合は、排卵をきちんとできていない卵巣とのことなので、ピルを飲んで生理を定期的に起こすことが将来妊娠したくなった場合に重要だそうです。

生理不順をほおっておくと、不妊の原因となったり、ひどいときは閉経することもあるそうです。

ピルを服用しはじめた2か月ほどは、少し吐き気があったように思いますが、それ以外は特に副作用らしきものは出ませんでした。

太ったりすることもなかったように思います。

それまではホルモンバランスが悪いせいで、ニキビがひどく何をしても治らなかったのですが、ピルを服用してからはお肌がつるっつるになってめったにニキビが出なくなったのがとても嬉しかったです。

生理痛もひどかったのがほとんどなくなりました。

出血量も減ったのでナプキンから漏れることがなくなり、あわてることがなくなりました。

生理不順の人はピルを服用することで生理周期が整い、また排卵を抑えるので子宮への負担も減らせるそうです。

そのおかげか、毎年子宮がん検診と内診をしますが、特に問題ないきれいな子宮だと医師からいわれました。

ピルはお金がかかるイメージですが、ヤーズは保険診療で出してもらえる薬なので、毎月の負担額は約2,500円くらいです。

避妊の効果もあることを考えれば、そんなに高くはないかなと思っています。

ホルモンバランスが悪いことに悩む方には、いろいろなメリットがあると思います。

(富山県 みっちーさん)

ピルでも合うもの合わないものがありました

フランスに住んで5年たちますが、こちらで2度出産を経験しました。

一人目の妊娠を望むまでは日本で飲んでいた低用量ピル、トリキュラー21を飲んでいましたが、周囲の人たちから「ピルを飲んでいる場合、止めたとしても妊娠するまで少なくとも1年以上かかるから早くやめたほうがいい」と言われ慌ててやめたところ、その後あっさり3ヶ月ほどで妊娠しました。

ちなみにその時までのんでいたトリキュラー21との相性はとても良かったようで、これといった副作用はありませんでした。そして妊娠を経て出産し、間もなく産科医から特に頼んでもいないのに超低用量ピル、ヤーズを処方されました。

母乳育児をする予定でしたし、なぜその薬を処方するのか疑問に思い理由を尋ねると「出産後1か月くらいするともう避妊が必要になるし、この超低用量ピルであれば母乳育児にも全く問題ない」と言われました。どうやらフランスではこれがごく普通のことであるようです。

以前にのんでいたトリキュラー21は特に問題もなかったので、医師に言われるがままヤーズを飲み始めたのですが、飲み始めてすぐに吐き気が出てきました。たまたま体調が悪いだけかも、と思い2週間ほど続けましたが全く吐き気は消えず、副作用であると確信しその後はもう止めました。

医師にそのことを報告したのですが、「微量のホルモンしか入ってるのだからそんなことはあるはずがない」と相手にもされませんでした。

その後、その超低用量ピル、ヤーズは副作用で複数の死者が出たことがニュースになり「もしあのままのみつづけていたら・・」と恐怖を覚えずにはいられませんでした。

(フランス さむちんさん)




ダイエットによる無月経の改善に超低用量ピルのヤーズを飲みました。

23歳の頃、ふとしたきっかけでジョギングにハマり、毎日夕食後に5km走る生活を始めました。

それに伴い、するすると体重が落ちていき、1か月で8kg近く痩せました。

それが嬉しくてどんどん続けていたら、いつしか生理が来なくなってしまいました…。

慌てて婦人科外来に行き、先生の指示でしばらくホルモン剤を飲みながら自力では起きない生理を無理やり起こしていました。

そんな治療が続いていた時に、ある婦人科で一度試してみなさい、と渡されたのが低用量ピルの「ヤーズ」でした。

ピルと言えば、「生理を止める=避妊」のイメージが強かった私なので、果たしてこれが生理を再開させたいとしている私の無月経に関係あるのか?と疑問でした。

先生によると、「これで28日間の生理周期を人工的に作るものなので、ヤーズを飲み終わった後に生理が起こるんだ。」とのことでしたので、ものは試しとヤーズを服用することにしました。

実際にどのようにヤーズを飲むかと言うと、薄いシートに1日ごとに日付けが書かれた表の上に錠剤が埋め込まれており、その日付けに従って、生理開始初日から一日一錠ずつ飲むだけです。とても簡単でした。

ただ、もし飲み忘れた場合はこのようにして…と細かいルールは決められています。

そして、すべての薬を飲み終わった後、確かに出血が起こりました。

根本的な無月経の症状の解決にはなっていませんが、人工的にでも生理が来るととても安心しました。

ただ、ヤーズは超低用量ピルとはいえ、初めて飲んだ時は気分の落ち込みが激しかったり、気分が悪くなったり…という副作用はありました。

ヤーズを継続して飲み続けていると、それはなくなりました。

もし、無月経でお困りの方がいましたら、一度、婦人科の先生に相談してみたらいいと思います。

(住所:兵庫県 氏名:とろろさん)

>>ヤーズの購入先はこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ