「アンジュ28」の記事一覧

生理が重いので低用量ピルアンジュ28を服用しています。

アンジュ28

毎月一度訪れる、女の子の日。

間際からの体調不良から始まり、痛みは経血量の多さに悩まされていた時、低用量ピルについて知りました。

早速、産婦人科の受診しました。

そして、生理を和らげるための低用量ピルを処方してもらいました。

何種類かある中から「アンジェ28」が処方されました。

医師の指示通りに服用スタート。

こちらのピルは3相性、そして同じアンジェでも「アンジェ21」と2種類あるようです。

毎日飲まなければならないピル、一番の心配は飲み忘れ。

「アンジェ21」は21日間服用したら、7日間休薬期間があるので、次にまた飲み始めるのを忘れてしまう人も多く、なかなかピルの効果を発揮できない場合がある、ということです。

それを防止するために「アンジェ28」はプラセボ錠(偽薬)も含まれているので、飲み忘れを軽減できるということだそうです。

生理日1日目から「1」と書いてある錠剤を飲み始め、「28」まで飲み終わったら、次のヒートの「1」からまた飲み始めるという、服用方法なのでそれほど負担にならずに続けられています。

飲み始めの副作用が出やすいとも聞いていましたので、少し不安な気持ちもありましたが、1日1回の服用を忘れずに飲み始めました。

つわりのような症状が副作用に出やすいと聞いていたのですが、私の場合、全くそのような症状もなく、問題ありませんでした。

そして、肝心のアンジュの効果ですが、本当に生理が軽くなり、生理痛ももちろんなくなりました。

経血の量が驚くほどに減り、生理用ナプキンの使用サイズが全く変わりました。

「ピル」と聞くと、避妊のため、という目的で飲まれる薬と思われがちですが、生理痛や経血量で悩んでる方、仕事中になかなかトイレに行けずに憂鬱な方に是非お勧めしたいお薬です。

そして「ピル」を飲んだら、1年に1度は必ず乳がん検診には行くように、といわれています。

つい面倒になって行かずに終わってしまうこともありそうですが、それから私は毎年必ず乳がん検診も行くようにしています。

(栃木県  けいこさん)

>>アンジュ28の購入はこちら




ピル(アンジュ28)を5年避妊目的で使用してみた結果

アンジュ28

私は、30歳の頃から約5年間ほどピル(アンジュ28)を服用していました。

きっかけは最初は避妊が目的で、IUDを入れるまでの数か月間だけ服用しようと思い産婦人科でアンジュ28を処方してもらいました。

しかし、アンジュ28を飲み始めると生理痛は緩和されるし、ちゃんと28日周期で生理が来るのでいろいろな面で予定を立てやすく、あまりの便利さに数か月が数年も服用してしまいました。

病院でアンジュ28を処方してもらうのでがん検診なども定期的に実施してもらえるのも良かったと思います。

私の場合、アンジュ28の副作用が全く無く、しいて言えばちょっと太ったかなと感じるくらいです。

太ったと言っても周りの人はまったく分からないくらいで、自分が体重計でちょっとプラスになったかなと思うくらいです。

大変さを感じたのは、やはり毎日同じ時間に服用しなくてはならない事です。

数時間の違いは何度もあり、最初のうちは忘れるととてもあっせって不安になりましたが、1日飲み忘れても問題なかったです。

なぜアンジュ28の服用を中止したかというと、5年程服用して、ふとこのままいつまでアンジュ28を服用するのだろうと考えてしまいました。

体には問題はないとはいえ、アンジュ28を長年服用し続けるというのもどうかなと考え、この辺でIUDに変えて服用をやめることにしました。

自分の体を考えるということは年を取ったということかもしれません。

IUDに変えて1年が過ぎますが、ピル同様快適に過ごしています。

薬を飲む煩わしさはなくなり、生理のほうも順調です。

多分、ピルを服用することはもう無いと思いますが、ピルは女性にとって強い味方の薬だと思います。

(福島県 ayumamaさん)

>>アンジュ28の購入はこちら




多嚢胞性卵巣症候群の治療にピルのアンジュ28を5年間服用しました。

私は避妊目的ではなく、生理不順で婦人科を受診したところ、軽度の多嚢胞性卵巣症候群と診断され、「実際に妊娠を希望するまでは、ピルを用いて規則的に生理を起こさせ、子宮の状態をよくしておいたほうが良い」とのことで、「アンジュ28」を5年ほど服用していました。

「ピルを飲むとつわりのような副作用が起こる」と昔から噂を聞いていたので初めはためらいましたが、アンジュは低用量ピルなので私には全く副作用はありませんでした。

いろいろと薬の飲み合わせで注意が必要なピルもあるようです。

私自身は他に持病もなく、たまに市販の頭痛薬や風邪薬を飲みましたが、その程度の服薬は特に問題ありません。

何か特別な持病がある方は医師に相談した方がよいでしょう。

「アンジュ28」は28日分の薬が1シートになっており、専用ケースなどがもらえ、服薬のスケジュール管理がとてもしやすかったです。

ピルのシートに飲む日付を自分で書き込むとさらに管理がしやすくなり、飲み忘れも防げます。

28日間毎日服用するタイプで、月の後半7日分の赤い錠剤は偽薬(いわゆるプラセボ)なので、自分自身がしっかり薬の管理ができているのであれば、この7日間は飲む必要はありません。

この7日分がないものが姉妹品の「アンジュ21」です。

アンジュ28はかなり小粒なので飲みやすかったです。

糖衣錠なので不味くもありません。

もともと生理痛がひどかったのですが、アンジュ28の服用期間中は生理痛もかなり軽減されたように感じます。

当たり前の話ですが、服用期間中はもちろん妊娠することもありませんでした。

5年間服用ののち、妊娠を希望したためピルの服用をやめましたが、ピルの服用中止後すぐ妊娠でき、無事に出産できました。

生まれた子供に何らかの先天的な異常もなく、すくすくと元気に育っています。

(千葉県 まこりんさん)




ピルを服用するにはセカンドオピニオンが大切

アンジュ28

私は、生理が始まった時から生理痛と月経不順がありました。

学生時代は休めたのでそこまで深刻には悩まなかったのですが、職に就いてからは周りに迷惑をかけるので罪悪感を感じ、少し怖かったものの婦人科へ行きました。

そこで最初は生理痛や月経不順によく効くという漢方薬を処方され、4か月試したのですが効果がなく、先生も驚いていました。

そこで次に処方されたのが、「アンジュ」という低量ピルです。

私は普段から薬を決まった時間に飲むということに慣れていたので、一日も忘れることなくこれも3カ月試しました。

実は、結論から言うと私はどうもこの手の薬(ピル)が効かない体質のようで、生理痛は改善しませんでした。

3ヶ月後も生理痛は同じように来て、仕事ができないこともありませんが、途中で早退するほうが迷惑だと思い休む日が1日はありました。

これ以外のピルでなんとかならないかと先生に相談したところ、このアンジュで効果がないなら他を試してもほとんど同じでしょうと言われ、最終的には「体質」と片づけられる結果となりました。

しかし、全くいいところがなかったわけではありません。

今まで一度も生理が決まった日に来たことなんてなかったのですが、飲んでいる間は初めてなんとなく1カ月に1回、ちゃんと生理が来るようになったのです。

これには驚き、これが本来なら普通なのだと思いました。

今はもうアンジュ28を飲んでいませんが、あの時、先生を変えてセカンドオピニオンを聞いていたらもう少し違う結論にたどり着いたのではないかと思います。

(三重県、キキさん)

>>アンジュ28の購入はこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ