「2010年12月」の記事一覧

アンジュ21を避妊と生理痛の軽減のために飲んでいました。

私が低用量ピルを飲もうと思ったきっかけは、今の主人と付き合い始めてすぐのことでした。

今まで避妊は男性側にしてもらうかたちでしたが、主人は一切避妊をしない人だったので、初めての交渉のあとすぐに婦人科で緊急ピルを処方してもらいました。

ピルは副作用がひどいとか時間通り飲まないと効果がないとか、いろいろ心配していましたが、強い副作用もなくホッとしました。

緊急ピルを処方されるときに先生から低用量ピルの処方も勧められましたが、そのときはなぜか断ってしまいました。

その後よく考えて、結婚前にどうしても子供を授かりたくなかったし、ひどかった生理痛も緩和されるとネットで知ったので、低用量ピルの処方を受けました。

私が処方されたのはアンジュ21というピルでした。

21日薬を飲み続けて28日周期で生理が訪れるというもの。

1シートが1か月分、錠剤は4種類あります。

飲みはじめは褐色の錠剤を6日間薬の強さは弱めなので、普段通りの生活をすごしていました。

白い錠剤が5日間、黄色い錠剤が10日間と、色が変わるにつれて薬の量が濃くなるのか、私の場合は眠気が強く、仕事をしながら居眠りをしてしまったり、帰宅すると夕食の時間まで寝ないと動けなくなることもありました。

処方されてすぐの時期は朝にピルを飲んでいて、昼間の眠気が強かったので、夜21時ごろに変えたところ昼間の眠気は少し改善されたように思います。

夜飲む時間にするとピルを飲むのを忘れてしまいがちなので、携帯電話のアラームを毎日かけるようにしていました。

夕方寝て、朝起きてしまったときは12時間まで遅れて飲んでも大丈夫みたいなので、あわてずにきちんと1錠だけ飲んでいました。

薬に慣れてきた頃には、ピルを飲む期間を延ばしたり短くしたりする(16日以上は服用)ことで生理開始日をコントロールしていました。

主人とは遠距離恋愛で、月に1回会えるか会えないかだったので、生理と被るのは死活問題だったので、とても便利でした。

結婚式、そのあとのハネムーンが終わるまで約1年間飲み続けて、今では飲むのをやめています。

とくに後遺症や、子どもができにくいとかそういうものはなく、内膜や卵巣にも問題はありません。

ネットからの情報だと、太ったり胸が大きくなるっていうのもありましたが、私の場合は変わりませんでした。

早く二人の赤ちゃんができればいいな♪

(静岡県 ぺそぎんさん)

>>アンジュ21の購入はこちら




トリキュラー28で子宮内膜症の生理痛がなくなりました。

年々生理痛がひどくなり、健康診断で子宮内膜症と診断されたため、婦人科に行きトリキュラー28を処方されました。

もっと早くトリキュラーを飲んでおけばよかった!というのが始めた後の感想です。

生理の初日は痛みがひどく、痛み止めを使用可能量めいっぱいまで使い、それでもひどいときは、腹痛とめまいや吐き気がして会社も休んで家でうなりながらのたうち回ることが10年以上続いていました。

ピルを飲み始めてからは、生理の経血量も驚くほどに少なくなり、生理中でも普段と同じような生活が送れるようになりました。

そして嬉しかったのは、生理周期が長くなったことです。

ピルを始める前は生理の初日から次の生理初日まで21日など、月に2回生理があるぐらい短い周期だったのですが、ピルを初めてから28日周期になり、本当に劇的に楽になりました。

旅行の日程や大事な会社の行事があるときは、数か月前から薬を飲む日数を微妙に変えていけば、大事な日には生理がこないように調整することもできるので、助かります。

副作用は残念ながら多少あると思います。

私の場合は、太りました…。

人によってはめまいや頭痛などもあるそうですが、私はそれはなかったです。

ただ3キロぐらい太ってしまったのが、ちょっと悲しいです。

それでも、多少太ったことぐらい気にならないぐらい、ピルの恩恵は私には大きかったです。

長年生理痛で苦しんでいたのはなんだったのか!タイムマシンがあったら、若い時の自分にピルを飲め、と言ってあげたいです。

(神奈川県 みかんさん)




オーソMでニキビと浮腫みがなくなりました。

私はPMSが酷く、生理1週間前になると小さな出来事でもイライラしたり、悲しくなって泣いてしまいます。

胃のムカつきや便秘、体のだる重さもあって低用量ピルを処方してもらう事になりました。

処方してもらったのはオーソMという名前のピルです。

このオーソMにはNETというホルモンが入っているそうです。

NETは男性ホルモンの作用が低いので、その為情緒を安定させてくれる効果があるのだと医師から聞かされました。
子宮内膜の発育を抑える効果もあるようなので、月経量も減るとの事でした。

低用量といっても体に害はないのか、と最初は不安でした。

でもオーソMを飲んでいると、確かに気持ちが落ち着いていたのです。

今までは生理前は本当に辛くて、人と会うのも嫌でした。

顔もニキビだらけになりますし、おまけに浮腫みも酷かったのです。

月経量も多い方だったので、生理が終るまで気持ちが沈んでいました。

しかしオーソMは、イライラも悲しい気持ちもなくしてくれて、月経量も減るので日常生活を送りやすくなります。

ニキビも出来にくくなり、浮腫みもないのです。

正かピル一つでここまで体調が変わるとは思いませんでした。

生理痛も全然ないですし、痩せたとか太ったという事もありません。

ピルの中には、どうしても不正出血してしまうものもあるようです。

でも私の場合、オーソMを飲んでも不正出血はありませんでした。

PMSを抑えたい、月経量を少なくしたいという女性には、是非オーソMをお勧めします。

医院によっては希望しても処方してもらえない所もあるので要注意です。

(大阪府・ミクさん)




低用量ピル(トリキュラー28)で、肌がつるつるになりました。

長年悩まされてきた生理不順と、月経前困難症の改善の為、低用量ピルを飲み始めました。

処方して頂いた薬(ピル)は、トリキュラー28です。

医師によると、初めてのピルとしてトリキュラーは最適で、副作用は少ないとのことでした。

私は処方された翌週の日曜日からトリキュラーを飲み始めました。

すると、飲み始めてから1日~3日の間、通勤途中で胃の辺りがむかむかしました。

この症状が続くようなら、一旦お薬を中断して病院へ行こうと思いましたが、そのむかむかは4日目あたりから全く無くなりました。

心配していたむくみも気にならない程度で、初めての消退出血は、「え、こんなに少ないの?」と驚きました。

その期間も四日ほどで終わってしまうのです。

それまで、月経不順と合わせて、量が多いことも悩みの一つだったので、大きな喜びでした。

出血中も、いつもと変わらずに仕事が出来、スポーツをすることが出来る…生活がとても楽になりました。

そして、最後に嬉しいサプライズが待っていました。

友達に会う度に、「あれ? 肌が綺麗になったんじゃない?」と言われるのです。

自分の顔は毎日見ているだけに気付かなかったのですが、よくよく鏡を見ると、確かに以前より透明感が増しているように感じます。

化粧品は変えていないのに、何だか肌がモチモチしているようにも感じられます。

婦人科の先生にそのことを告げると、「お、それはピルの副効果だよ」と言われました。

私にとっては、いいことずくめのピルでした。

(東京都 ミントキャンディーさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ