「2012年2月」の記事一覧

海外旅行の日程と生理が重なり、ピルのプラノバールで生理をずらしました。

海外旅行へ行く時に、生理の予定が重なっていれば、生理をずらそうと思いますよね。

軽い気持ちで、婦人科へ行って、「旅行へ行きますから、生理を調節したいのです。」と相談しました。

何時から何時がその時なのか、一応聞かれましたが、簡単にピルを処方してくださいました。

薬(ピル)の名前は、フラバノールです。

プラノバールの値段は1シート1050円でした。

プラノバールという名前は忘れません、絶対に。

それは、軽い気持ちで飲んだのですが、飲むと、プラノバール副作用で気持ち悪くなるのです。

服用を中止するのではなく、直ちに婦人科へ行って相談しました。

服用を中止すると、生理が始まってしまいます。

そうすると、南国ビーチでマリンスポーツに支障がでるのです。

ドクターは頷いて、ナウゼリンという吐き気止めを処方されました。

ナウゼリンも直ちに服用、(だって気持ち悪くてもうかなりしんどかったので)すると、気分はすっきり吐き気は収まりました。

普通の生活ができるようになりました。

私の場合、フラバノールを処方される時には、それからは必ずナウゼリンをもらいます。

忘れたら、もう一度通院しなければならないので面倒なので、薬の名前は忘れません。

妊娠に向けて、黄体ホルモンを整える、と言う時にもピルを飲みました。

この時は、気持ち悪くはならなかったのですが、副作用で太りました。

脂肪が、体に溜まるのです。

食べても居ないのに、脂肪が溜まる気持ち悪さがありました。

吐き気がする方がましです。(ナウゼリンがあれば問題ありませんので。)

ピルは、幾種類もありますが、自分に合う、合わないがあると思いますので、いろんなピルを試すのはいい機会だと思います。

ただ、生理の調節直前になって、ナウゼリンが無く、それば旅先で有れば面倒、と言うより最悪なので、初めての薬には万全の対策をとった方が良いです。

なお、生理をすらすためにピルを処方してもらうのは病気ではないので、自由診断になります。

値段は病院側が勝手に決めていいようです。

ですから、1050円で済む時もあれば、それ以上(3000円とか)かかることもあるようです。

心配なら事前に病院に電話して、ピルの値段を確認してみたらいいかと思います。

(兵庫県 みちさん)




望まない妊娠をし、中絶、ピルを服用するようになりました。

私が初めてピルの服用をしたのが22才の頃でした。

お恥ずかしい話ですが望まない妊娠をし、その後中絶……その時のお医者さんが勧めてきたので、私ももう2度とこのようなことが起こらないようにと始めました。

服用は簡単、毎日同じ時間にピルを1粒飲むだけ。

ピルを忘れたら思い出した時すぐに飲むように言われました。

ピルを飲み始めて3日目……私はひどい頭痛、吐き気が止まらず、風邪をひいたのかと思っておりました。

しかし、ピルを服用して1週間たっても治らず、友達に言うと、「ピルの副作用じゃない?」と言われ、病院を受診しました。

するとやはりピルの副作用だったようで、私はこのままじゃ生活するのに支障が出ると伝えました。

実はピルを処方してもらう際に、ピルにも色々な種類があることを説明されていました。

保険適用のピル、適用外のピル、など様々で、私は一番安いピルを服用していたのですがそのピル副作用が出やすいらしいのです。

当時1ヶ月分で2000円くらいでした。

なのでもうワンランク上の1ヶ月分で3500円の方に次の月から切りかえることにしました。

出費は痛いですがピルの副作用にはかなわないので……泣

最初に処方されたピルは普通の錠剤というか、白いよく見る薬ってかんじでした。

高い方はピンク色でなんだか可愛いケースまでついていました(笑)そして粒が小さい。

そちらに切り替えてからは副作用は全くなくなりました。

当時付き合っていた彼氏にはピルの服用は伝えませんでした。

調子に乗られたら嫌だったので(笑)

ピルはきちんと服用してさえいれば、コンドームよりはるかに避妊効果があるそうです。

妊娠するのは女性なので、自分自身を守るためにピルはとても良い避妊方法だと思います。

あと私の場合ですがピルの効果で生理痛がかなり軽くなりました!

生理がいつ来るかもはっきりわかるので助かります!

月々この値段で安心を買えるなら、ピルは素晴らしい薬だと思います。

(青森県、ゆーちゃんさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ