「2012年12月」の記事一覧

ピルは慣れてしまえばこんなに楽なものはない!

生理不順気味な為、毎周期、いつ生理がくるか分からない状態がストレスと感じるようになった私は、生理不順を改善する目的で婦人科を訪れました。

婦人科では、一通りの検査を行い特に異常はないとのことで、生理周期を安定させる為にトライディオール28という低用量ピルを処方してもらうことになったのです。

低用量ピルを服用するのは、初めてのことだったので不安はあったものの生理不順が改善されると大分楽になると思い、服用することにしました。

医師からは、避妊効果を求めるなら念の為、1ヶ月はピル以外の避妊法を実施すること、また、万が一でも妊娠を望んでいないのであれば、コンドームとの併用を勧められその日の夜から服用を開始することになりました。

1日1回就寝前に1錠服用するだけという手軽さではあるものの、毎日、薬を飲み続けることに慣れていない為、飲み忘れが心配でしたが、こちらは思いのほかすぐに慣れることができました。

ただ、なかなか慣れなかったのが低用量ピルによくある副作用です。

私が服用していたトライディオール28は、個人差はあるものの低用量ピルの副作用としてありがちな、不正出血は起こりにくいらしく、実際に私も不正出血が起こることはありませんでした。

ただ、ホルモンを補充することに体が慣れていないのか偽薬服用期間を除き2ヶ月程は、胃のむかつきや軽い吐き気、だるさ、食欲増進などの副作用が起こりやすく、むくみやすいのか体重も2kg程増量してしまいました。

但し、これらの副作用は3ヶ月を過ぎた頃には全くなくなり、その後、副作用に苦しむこともありません。

更に、経血量が減り生理期間がきっちり5日間と短い為、副作用に慣れるまでは辛いと感じることもありましたが、薬に体が慣れ副作用がなくなってしまえば、こんなに楽なものはないと感じています。

ただ、自分では気づかない部分で体には負担が掛かるそうで、婦人科では定期的に血液検査を行いました。

低用量ピルを服用するようになり、生理周期がしっかりしてきたことで、旅行などの計画が立てやすい上、生理中の不快感や体調不良も全くなくなったので、本当に良かったと思います。

低用量ピルの服用を検討されている方には是非、おすすめしたいです。

(埼玉県 PN:りんりんさん)




生理不順と生理痛の改善のためルナベルを服用しました。

私はルナベルという低用量ピルを1年半程服用していました。

低用量ピルを服用しようと思ったきっかけは、もともと周期の見当が全く付かない程の生理不順だったのと、生理痛が酷かったからです。

また、避妊効果や肌の調子を整えるといったことでも低用量ピルは有名ですね。

私は元々喫煙者で、「低用量ピルを喫煙者が服用すると、血栓症にかかる確率や、ピルの副作用の症状が現れる確率が高くなる」と医師に説明されたのですが、あまり気に留めず、「喫煙辞めます」と言って、ルナベルと言う低用量ピルを処方してもらいました。

結局禁煙出来ず、喫煙しながらピルの服用を開始すると、服用3日目あたりから副作用のせいか頻繁に頭痛が起こるようになり、それが結構酷い頭痛で、禁煙すれば副作用の症状が和らぐのかと半信半疑で禁煙にチャレンジしてみたところ、驚く事に頭痛がなくなりました。

副作用については個人差があると思いますが、私が感じた主な副作用は頭痛です。

しかし禁煙をしてから副作用も無くなったので、ピルを飲み続ける事も嫌にならず続ける事が出来ました。

そして肝心の生理不順と生理痛ですが、これもまた素晴らしく、生理は休薬の1週間内に来るようになったので、周期もいつ生理が来るかも把握する事が出来ました。

経血の量もピル服用前に比べ、かなり減ったので生理中も比較的楽に過ごす事が出来ました。

また、あれだけ酷かった生理痛も全く無くなり、低用量ピルの素晴らしさに唖然でした。

結婚し、妊活をする事で低用量ピルの服用を辞めてしまったのですが、生理不順の方、生理痛に悩まされている方にはとても支えになるものだと思います。

毎月低用量ピルの出費で3000円ほどかかりますが、それでも低用量ピルによってあれだけ生理不順や生理痛が改善され、禁煙もできたので、時期を見てまた再服用したいと思っています。

(千葉県 さおやんさん)




流産をきっかけにトリキュラー28を処方してもらいました。

私は現在26歳ですが、5年前に思わぬ妊娠をしてしまい16週で流産した事がありました。

流産をきっかけにできれば結婚をするまでは子供を作らないほうがいいと思い妊娠しないように気をつけていましたが、確実に妊娠をしない方法をと思いピルを服用する事になりました。

子宮頸がん検診でお世話になった事があるレディースクリニックに訪れて低用量ピルを処方する手続きをしました。

体重身長を測り、ピルの説明を受けて子宮頸がんや乳がんなどの進行を進めてしまうから検診を定期的に受けるように言われて3ヶ月分のピルをもらいました。

処方されたピルはトリキュラー28でした。

毎日決まった時間に飲んで生理週間は偽薬を飲んで飲み忘れ防止をしていました。

彼とのスキンシップは避妊を気にせずにしていましたが全く妊娠もせず決まった日に生理がくるしピルはとっても便利な物で安心して処方し続けました。

半年に一度子宮頸がん検診を受けて再検査になり子宮頸部の一部を取る処置をしてもらい、がんになってないかどうか調べてもらいましたが結果、中等度の異形成でとにかく定期的に検診を受けて状態を細かく確認する事が大事だと思いました。

ピルは便利でやめるのは惜しかったのですが、避妊をきっちりしようと思い服用して1年半で処方をやめて3ヶ月くらい生理が来ない状態でしたが、それからは普通に毎月順調よく来ますし、結婚してちゃんと子供が授かれる身体になれるよう早めにピルをやめて良かったと思います。

避妊もしっかりできて副作用もなく思わぬ妊娠をする事なく過ごせて良かったです。

(兵庫県、りなさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ